menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近好きな盤 
zyxufcigo vhpj

Rufus Wainwright / All Days Are Nights: Songs for Lulu

久しぶりにアルバムのレビューなどを。

ピアノ一本による弾き語りアルバム。無駄を削ぎ落としたアレンジに、静かで閉じた音世界が今のような陰鬱な季節にぴったり。音こそ内向的だが決して暗くなく、聴く程に味わい深い。
ピアノの音のひとつひとつが雨粒のように煌いている。

10月5日に東京でこのアルバムを再現するライブを行うとか。行きたいなぁ。
スポンサーサイト
長崎的企業経営気質 
zxydcfyvguhbjnkml,

・予定が飛んでしまい、午前中はポッカリ空きました。

・昨夜は某料亭にて会食。某紙支局長もご一緒で、経済関連の興味深い話なども。

・支局長曰く、「特に長崎市の経済人は皆で良くなろうとする傾向が強すぎ。他社を蹴落としても自分の会社を伸ばす程の強烈な意欲がもう少しあっても良いのでは」。これは良く言われること。過去の天領だったという歴史的背景がDNAに刻まれているのと、西の果てに位置するが故の外部流入による競争が少ないという理由があると思う。たしかに僕も他社を食うというよりも自社をいかに良くするか、自社をいかに守るかというところに力点を置いているので、そういう意味では外部目線からは甘くみえる典型的長崎的企業経営気質なのかもしれない。
実際、SS市況なども、県外資本の大手販社や元売子会社のドラスティックな経営に振り回されている感もあるし。
今の岡田ジャパンじゃないが、守備に徹する姿勢って業態によって、あるいは今の時代には必要なことじゃなかろうか。勝ち残りなんて大上段に構えるのもいいが、まずは生き残っていければいい。限られた人員を攻撃にまわせば守備はおろそかになる。攻撃にまわる時間帯が来るまで耐え抜く考え方でいきたい。

・料亭のメインディッシュはすき焼き。おかっつぁまが大きな桐箱をうやうやしく僕らの前に持ってきたと思ったら、そこから金色の鍋が出てきた。ポルトガル製の純金製の鍋だって。二割増しで美味しい気がした。

・ポルトガル製の鍋ですき焼きを食べて帰宅。帰宅した瞬間にポルトガルチームが立て続けに3点奪取。北朝鮮の選手達もよく頑張った。帰国して「クロッシング」みたいにならないことを祈るよ。
賭博騒ぎに思う 

麻雀にゴルフにトランプにトトカルチョにサイコロ、言うなればパチンコも?大なり小なりみんな博打と呼ばれるものをやっている。

大相撲の野球賭博が問題になっているようだが、何をもってけしからんとしているのか。金額がでかかったからか?黒い組織が絡んでいるからか?スポーツマンだからか?大相撲だからか?仲間内で楽しむ分にはいいのか?それとも博打と呼ばれるものは全てけしからんものなのか?

要するにいま大相撲を叩けば視聴率が上がったり新聞や雑誌が売れるからだろう。そんなに大騒ぎすることだろうか。さながら極悪人扱いだ。昔、どっかのプロ野球の監督も賭け麻雀やってたな。

そりゃああの賭博大関も阿呆だとは思うけど、テレビや週刊誌、新聞に簡単に影響されて「大相撲けしからん!」なんて声高に騒いでいる人達もなんだかなぁと思う。極端な話迷惑を被ったわけじゃないんだから、別にいいじゃんとすら思う。
連日のトップ報道に辟易しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。