menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディープコリア 
20090404084951
来月ソウルに行く予定だからではないが、久しぶりにどうしても読みたくなり思わず注文。面白い人は面白い、その他の人にはうんこみたいなこの本。もちろん来月のソウル行きには全く役に立たない。
基本韓国旅行記なのだが視点がエログロで何もかもが剥き出し。ポンチャックもかつてこの本で知った。

自宅居間に置いていたら妻がいぶかしげな様子で見ていた。
スポンサーサイト
 
 
ワタシの場合ディープコリアも然ることながらネモ・ケイ(根本敬)といえば「因果鉄道の旅」です。購読後、16年経った今でも輝きを失わない愛読書ナンバーワン!内田研究ってのが死ぬほど暗くって(笑)。作者は卓越したセンスと誰にも真似できない画力が魅力!宮台しんじなんかどーでもよくって当時のサブカルシーンの台風の目はネモ・ケイと今でも信じてやみません。
 
「因果鉄道の旅」懐かしいですね!もちろん読みました(笑)内田研究もそうですが、エビスさんやあともう一人面白い人を研究してたような…。いずれもイイ話満載ですよね。

根本の漫画では僕は「タケオの世界」がいちばんの名作だと思います。
 
エビスさんの話もヒドかった~(笑)
クリーチャーとか呼んで喜んでいる氏は無邪気でわんぱくです(笑)
「タケオの世界」は未読です。近いうちに触れてみます!
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/195-77ca9597

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。