menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安売り 
jmf

690円ジーンズ、190円弁当…なんだかなぁと思う。
他店よりもできるだけ安く…と他店の仕入れを下回るほどの売価をつけるSS業者はなんだかなぁと思う。

そこには安くても利益を得ることができるローコスト運営の仕組みがあるのだろうが、資本にモノを言わせた行き過ぎた薄利多売、価格だけを訴求した商売は結局人件費の削減に行き着き、雇用の不安定化、サービスの低下を招くこともある。価格だけの消耗戦は資本力の強いチェーンの大企業が勝利し、資本力の弱い個店を殺し、結果税収面で地方が冷え込む要因となる。

消費者が安きに流れることは当たり前のことで、消費者にはその手の論理は通用しないということは理解できる。同じような品質だけど経済全体のことを考えてわざわざ高いものを買おうとする消費者はいない。だからデフレスパイラルを抑制できるのはやはり企業の側なのだろう。モノには適正な価格というものがあって、価格だけを訴求力としないことは企業同士のモラルでありたい。我が業界の行く末を考えず、自分の店だけ売れればあとは知ったこっちゃないという世界は業界全体を疲弊させ、結果他業界に喰われることになる。

モノが売れないのをマーケットのせいにし、価格を下げて売る(外に原因を求める)のは簡単だが、そういった安易な方向に流されると底無しの悪循環に陥る。あたかも水の入った洗面器に一斉に顔をつけるような行き過ぎた価格競争はやらないほうがいい。それよりも価値(バリュー)を高めていくことが大切だ。

各地で頻発するガソリンの安売り合戦を業界誌で見るにつけそう思う。
スポンサーサイト
 
 
我々の業界はすでにこの状態に陥っております。
下をくぐってなんぼの世界。
それがあたり前になっている業界です。
そりゃ~儲からないはずですよね。
 
何事にも塩梅ってものがあって、行き過ぎた透明性は逆に窮屈なところもあるかなあと。ある意味談合って必要悪だなぁ…って思います。
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/334-38f174be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。