menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
That's Entertainment 
vuh
観に行った「This Is It」。

キングオブポップという表現はあまり好きではないが、メインカルチャーやサブカルチャー、ジャンルや年代。つまらないカテゴライズを超えた圧倒的な存在が彼だと改めて思い知る。

リハ映像でこのパフォーマンスならば本番は計り知れない。演奏、ダンス、歌、アレンジ、映像、ステージ演出…すさまじくハイレベルだ。しかし何がすごいって、本番を直前にした最高の盛り上がりの中、主役の死でもってその全てを幻にしてしまったこと。身体を張ったある意味とんでもないオチだ。

ところで、今回は事前にWebで座席を予約した。長崎では映画館で行列を作ることなどまず無いのであまり予約する必要性も無いのだが、良い座席位置の確保にはいい。
今年もいろんな映画を観に行こう。
スポンサーサイト
 
 
有名人としての計り知れないストレス。
それは日本のタレントがヅラだのワキ●だの、●日だのとのひがみデマを流される以上のものを彼は背負っていたのでしょうね。金額も半端じゃなかった。。
死後の特別番組で改めてすごいことを知らされました。
とんねるずがBadのパクリやった時、むちゃくちゃ面白かった。その面白さはたぶん本物の凄さがあったからではないかと。昨年末の紅白でのS●APがやったマイケル追悼のクオリティの低さ。。
マイケルがジャネットと兄妹でやった曲の凄いダンスは度肝を抜かされました。
私は残念ながらDVDを待ちますが、本当はスクリーンがいいのでしょうね。
 
結局、音楽を含む全ての芸術のカテゴライズはあくまでその分かりやすさに過ぎず、あるのは仰る通り(突き詰めれば)本物か偽物かということなんでしょう。

いずれにせよ彼の作品は唯一無二の強烈なオリジナルであり、そのような常人ではない巨大な才能故に最早普通の人間の世界には生きられなかったのかもしれません。

DVDでも十分に面白いと思います。
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/393-e076b9f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。