menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沢考 
kxyh
「小沢」とグーグルに入れると、検索候補の順番は、一郎、健二、仁志、昭一。
同じ小沢でも四者四様である。

ところで昨夜の一郎の一連のニュースを見ての我が家の会話。

俺:「何が彼の最終目的か知らんが、つまるところ新党結成や野合や連立やと政局に長けているだけ。真偽の程は別としても火の無いところに煙は立たないし、彼のやっていることは明らかに政治(家)不信に繋がる行為だし、本当の政策論争を望む若く力の有る議員の芽を潰すことや、環境問題や拉致問題のような超党派で取り組むべき事項の遅れにも繋がりかねない。彼を含む長老共には早いところ引退してもらった方がいい。」

妻:「やり口こそ昭和の臭いプンプンで前時代的なものを感じるものの、彼の場合自分の私利私欲だけにあのようなリスクを負っているとも思えない。大義の為にはどんな汚いやり口でもやってやるとする潔さと力強さを感じる。今の自民党に彼と向こうを張ってやり合える政治家が一体何人いることか。かつての田中角栄を思わせる圧倒的な威厳と力強さは買うものはあると思う。」

人が変われば見方も変わる。妻の意見も確かにと思う。


で、今の自民党で彼と闘える人は誰?という話になって、「そりゃ安倍さんでしょ」で一致。
ただし今よりももっとビルドアップして厳しくなった安倍さんという条件付ですが。

スポンサーサイト
 
 
これって、「オザケン復活」を受けてのトピック?
 
そのニュースは昨日知ったよ。13年ぶりだってね。
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/394-396a2e32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。