menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京出張 
uli
タイヤメーカーの関係にて東京へ。
10時便に乗るべく、9時半に空港に着くも、9時便がまだ出発していない。
空港のテレビを見ると、アマタツが羽田空港の濃霧の情報を伝えていた。程なく館内アナウンス。「出発は70分後です。」こればかりは仕方が無いので、搭乗口で持参した新聞を隅から隅まで読み、結局出たのは約2時間後。羽田上空で15分程旋回。羽田着陸後もターミナルバスの手配がつかず機内で15分待たされる。後の便は羽田旋回後、関空に戻り給油、再度羽田という悲惨な状況だったとか。

結局予定の2時間押しで会場到着。
館内端氏によるEV(電気自動車)に関する講演会を拝聴。
氏によると「EVはいわば明治維新である」と。温暖化を背景に、世界の石油の生産のピークは2004年頃を境に減少傾向にある。EUは2015年には車のCO2排出量が1gオーバーすると95ユーロ/gの罰金となることが決まっている。つまり各自動車メーカーは欧州向けの車はそれに対応した車を開発せざるをえない状況となっている。日産LEAFは補助金込みで200万を切ってくるEVである。EVは航続距離の問題がよく言われるが、それは生活者が意識を変えることとなる。江戸から明治の移り変わりで生活様式が変化したように、EVに合わせた生活様式(深夜電力にて充電etc)に変化すべきものであろう。これからの自動車業界(SS業界)を考える上において、EVの台頭はパラダイムシフトであり、経営戦略もそれに沿ったものにしなくては淘汰されるだろう。

諸説交々あろうが、思ったよりもずっと早くEVの波は来るものと思っておいた方がよいみたい。今から10年後は業界は様変わりしていると思う。環境の変化に合わせて会社の体質も変化させる必要性を改めて感じ入った次第。

懇親会~ホテルでの二次会後、六本木のお店のお誘いを受けたが、あまり趣味じゃないので丁重にお断りし、早々に部屋に戻る。
スポンサーサイト
 
六本木のお店 
六本木のお店、09日本で行きました。圧倒されれたショーで、凄いインスピレーションを受けました。
僕は、好きですね。また、チャンスがあれば行きたいと思っています。
ただし、個性的なショー(性的描写はありません。)なので、常識という物差しを使うと、拒絶反応を起こすかもしれません。
 
音楽が変だったら嫌だなあとか、それでも友達とじゃないから途中で帰れないし…などと考えて。何でも食わず嫌いは良くないですね。
 
09日本だったから、先入観なく気兼ねなくノリノリで楽しめましたが、行くメンバーに寄っては、どういう反応をした方が良いのかとか考えると思うので、しょうがないです。
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/407-0b785818

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。