menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土日 

親戚筋の結婚式で東京。お寺でウェディングドレスの式はミスマッチ感たっぷりだったが、幸せそうであればなんでも良し。披露宴はホテルオークラにて。場所柄かありがちな裸系の余興も親戚のおじさんのカラオケもなく慎ましやかで良かった。

翌日曜日は銀座へ。
韓国映画「クロッシング」を観る。北朝鮮の貧困や脱北等をテーマにした作品。相当数の脱北者への取材等そのベース作りに数年の時間をかけているそうで、ストーリーこそフィクションでありながらも設定は限りなく北朝鮮の現状に忠実なんだそう。
俺がテレビでみる平壌人民は皆ロボットのように見えるが、この映画にはありのままの体温のある人間、夫婦、親子がある。貧困に晒され病気に苦しみ体制に怯え飢えに苦しむ人民の姿がある。特に収容所の有り様は実に衝撃的だ。
このように書くと単なるドキュメンタリー映画のようだが、これは実に完成度の高いドラマである。そこにはしっかりとしたシナリオと俳優陣の渾身の演技があり、スタイリッシュな演出があり、良い音楽がある。途中何度も涙した。
愚かな為政者のおかげでこのような哀しい現実が今もなおあることを改めて思い知った。観るべき良質な作品であると思う。
スポンサーサイト
 
 
セントラルは8月みたいっすね。
そん時は第二次朝鮮戦争やってるかもって最近の雰囲気。
 
ああー、長崎でもやりますか。それは嬉しいです。ちょっと刺激が強いかもしれませんが、エログロではないので息子さんにも観て欲しいです。
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/422-78c746d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。