menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7.23 

7月23日は長崎市民にとって忘れられない日。長崎大水害の日です。1982年、僕は14歳でした。今から28年も前の話です。299人が亡くなりました。

浜町の消毒薬の臭い。ボロボロに破壊された眼鏡橋。ライフラインが全て止まって、蒸し暑い中、蝋燭を灯して家族で聴いたオールスターゲーム。給水車にバケツを持って並ぶ列。コンビニもエビアンも無く、貰った紙パックのミネラルウォーターの不味さ。

いろんなことを今でもよく憶えています。当時は子どもでしたし、山の上に住んでいたので人的な被害も少なかったからか、半分は映画「台風クラブ」のような妙なわくわく感もあったりもしました。しかしきっと大人達はもっといろいろな思いもあったのでしょう。
スポンサーサイト
 
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/436-37875a6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。