menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務と営業 
zexciygvouhbj;nk
社内のエアコンの温度設定でもめている。
当社は二階建てだが、同じ設定温度でも一階と二階でその体感温度が段違い。にもかかわらず総務部が半ば強権的にエアコンの温度設定ボタンに触れることを禁じたことに、現場が反発。現場から僕に直訴。

当社のある部署のエアコンなどは、温度調整パネルに操作ができないようにベッタリとテープが貼っており、そこにテプラで「温度調節禁止」とする文字があった。
会社にとって、総務部は多少頭が堅いくらいの方が丁度良いと思っているし、実際に僕のような大雑把な経営者にとってはそれによって助かっている部分もかなりある。また、環境や電気料金を考慮したクールビズは必要だと思うし、社内で決めたことを管理し、皆で遵守していくことも大事。
ただその管理の方法は人間対人間(あるいは大人同士)なのだから、遵守のさせ方や場の状況に応じて幾分かの配慮は欲しい。今回のエアコンの一件に限らず、この総務部VS営業の現場の確執はちょこちょことあるんですよね。双方の立場がわかるので悩ましいです。どこの会社でもある話ですかね。

結局、別に置いてある温度計に従って各々の現場担当者が温度設定を上下させることで合意。
スポンサーサイト
 
 
Jの理事会でも、向こう側とこっち側でエアコン闘争が繰り広げられます。
このやりとりでJの権力図が見えます。

まだこれに加われない総務室長です。

 
確かにPから見て右手は寒いんだよね。

いっそ座席配置を丸ごと変えてみるとか?
 
エアコンを天井はめ込み型にしてほしいです。
 
試しに上程してみたら?

多分却下だろうけど。
secret

trackback url
http://hdz68.blog14.fc2.com/tb.php/455-d2698b31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。